事故車買取 川崎

Q.事故車の買取価値はありますか?A.あります。

『事故車』と聞くと、他の車と衝突してボロボロになった車を重い浮かべるかもしれませんが、中古車業界では「骨組(フレーム)に損傷のある車、またはその修復歴のあるもの」と決められています。つまり「骨組(フレーム)」が事故車のポイントとなります。

 

したがって、事故でキズや凹みの入った全ての車が事故車という扱いではなく、車のフレーム修正をした車が事故車扱いとなります。フレームが歪むと走行にかなりの支障をきたします。万が一、事故を起こしたとしても、ドアやバンパーの傷なら事故車とはみなされません。

 

中古車販売雑誌などを見ていると「修復歴:アリ」と記載されている車があります。この修復歴:アリというのが、事故車の事を表しています。中古車を販売する際に、自動車公正取引協議会が決め事でフレーム修正された車両は必ず表示する事を義務付けられています。

 

では「事故を起こした車は全く価値がないのか?」と疑問に思っていませんか?

 

答えは「一概には言えませんが、価値はあります。」

 

現在では昔の車買取業者と比べ、海外へ販売するルートを確保している業者も増えました。なので、一昔前までは全く価値がないといわれていた事故車でも買い取ってくれる場合が多いです。

 

事故車専門の車買取業者に依頼すれば、高確率で事故車を買い取ってもらえるでしょう。

 

また、管理人からのアドバイスですが、事故車を売ろうと思っている方は絶対に修理に出してから売却するのはやめましょう。確かに修理に出した方が査定額は高くなりますが、修理費を超える査定が出る事はないと思っていた方がいいです。現状のまま査定に出すようにしましょう。